スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自家ガンワクチン療法とは

2017.06.29 10:35|がん治療
今日は1つ癌治療の情報提供をいたします。
本日朝から自家がんワクチンの作成と投与を行いました。
この自家がんワクチン、筑波大学のベンチャー企業のセルメディシンと提携して行っておりますが、非常に良い治療法で、手術をされた後の癌治療や再発抑制には小生が知りうる保険外治療の中で最もエビデンスレベルが高く、費用対効果も優れます。
自身の癌細胞から抗原をつくりだし細胞障害性T細胞を活性化するため自分の癌専用のテーラーメイド治療ができます。
1クールの治療で生涯にわたり免疫を獲得します。
本日は膵臓癌術後の再発予防の患者さんへの第一回目の投与でした。
C型肝細胞癌の方などは繰り返す癌の再発がありますが、グラフの通り明らかな再発抑制効果を認め多くの大学病院でも臨床試験をされています。
今後は乳がん再発抑制の方や、横浜や広島、岡山の患者さんの予約が入っています。
ステージが3以上で術後の方などには強くお勧め致します。





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。